引っ越しには方位は影響するのか?

転勤や独立、子供の進学など様々な理由で引っ越しをする人もいるのではないでしょうか?
よく引っ越しをする日や契約をする日の六曜を気にする事があります。
ただ、何でも大安でなくてはいけないという事ではなく、先勝ならば午前中とか、先負ならば午後、赤口はお昼をまたぐと吉とか、仏滅に至っても対処法があるのです。
ただ、引っ越しをする事は、転勤族で2年から長くて3年での引っ越しをする人もいるのですが、出来れば運気の良い方位に引っ越しをしたいと願う人も多いのではないでしょうか?

吉方位は九星気学を元に表します。
また、凶方位もそれと同じなのです。
九星気学は産まれた年により定まる本命星と産まれた月によって定まる月命星、干支、五行を組み合わせたもので、その年によって方位を占う上での年番の位置も変化します。
その年により異なるのですが、全ての人に共通する大凶方位もあり、また九星によって吉方位もあるのです。
ちなみに2017年において「南」は五黄殺、五黄土星が入る南の反対の「北」は暗剣殺、その年の干支「酉」が入る「西」の反対の「東」も全ての人に凶方位と言えます。
また、各九星によっても凶方位、吉方位は違うので、ここで単身者ならば自分の吉方位を見れば良いのですが、家族がいると、吉方位も皆が共通するとなると方位が定まらないなんて事もあるでしょう。
では、凶方位を避けたいと思う人もいるかと推察するのですが、転勤での引っ越しとなると、方位を選ぶ余裕はないのではないでしょうか?

その時はどう対処するのか?
引っ越しの吉方位、凶方位は出発点からの位置を見て行きます。
例えば、暗剣殺の大凶方位である北に引っ越しをする場合、これは一例ですが、まず北東に進みます。
目的地の真東になる位置に進むのです。
出来ればそこで宿泊が出来れば良いのですけど、そんな時間的にも経済的にも余裕がない場合は、そこで昼食を済ませて、出来ればトラックの荷台を一度開閉してから、目指すと良いと言われます。
引っ越し業者にも移動ルートを相談すると良いでしょう。
そのようなサービスが可能か、http://www.gilgamesh-online.com/を元に、探してみましょう。
引っ越し先の真東からの移動は、皆に吉方位の「西」への引っ越しと変わるのです。
風水しかり、九星しかり、必ず吉方位への引っ越しが叶う事は日常的にはうまく行かないでしょう。
しかし、必ずと言うほど対処法があるのです。
何かしら家族の怪我や病気、経済的な事や離別等、悪い事が起こると、「この部屋の間取りが悪かった」とか、「凶方位に越してしまったから」等と理由をつけたくなるものです。
ひとつ確実に言える事は、常に前向きに考えて良い運気を取り入れる事が大切なのです。

今日で最終日!

ついに今日で、引っ越し費用を貯めるために始めたバイトも最終日!
なんだかちょっと寂しいななんて思っているなんて、ちょっと自分自身予想してない気持ちだな…なんて。
まあそんなわけで、とりあえず引っ越し費用を貯めることが無事できたので、あとは引っ越しの準備も開始しないとね~。
なんとなく、これだけバイトを頑張ってまとまったお金を貯めることができたわけだし、このお金はそのまま貯金していたいなって。
こんな気持ちも出てきてしまって、正直引っ越し費用に使うのが惜しくなってきてしまったほどだよ。
なんか、それなら引っ越しをすること自体やめてしまおうか?なんて。
そんな風に思ったりもしたけど、そういうわけには残念ながらいかないんだよな~。
次に決めているマンションは、駅からもとても近いからとても便利だし快適な生活を送ることができるわけ。
だからそう考えると、この引っ越し費用は、ある意味充実した人生を送るうえでの初期投資であるとも考えられるから…。
そう考えたらまあ仕方ないのかなってかんじかな~。
まあ、何はともわれ最終日のバイトはいつもよりも、張り切って頑張ってくるつもりだよ!

海外へ単身赴任

単身赴任は県外に行くことがほとんどですが、海外へ行かなければならないときもあります。
海外へ単身赴任する場合、なにをどのように持っていかなければいけないか調べてみました。
まず、手荷物では、赴任先ですぐ使うもの(例えば会社に来ていかなければならないスーツやシャツ、下着、靴、パソコン、コンタクトなど)をスーツケース2個分程度で持っていきましょう。
また航空便では、着替えや化粧品、日常で履く靴、炊飯器などの家電、お鍋やフライパンなどの調理器具などを持っていきます。
海外赴任をした人に話をきくと、炊飯器はご飯が炊けたり、蒸し料理ができたり、割と使えるので持っていくといいそうです。
海外には食品などは持っていけない場合があるのできちんと確認しましょう。
海外の単身赴任の際には、クロネコヤマトの海外引越し単身プランがあります。
荷物の量によってプランが3通りあります。
1番荷物が少ないプランで日本からイギリスのロンドンに引っ越した場合75,000円の引越し料金だそうです。
思っていたより安いので、海外に単身赴任する場合はクロネコヤマトに頼んでみてください。

引っ越し時の心付けについて

引っ越しをする際に、心付けを渡すべきかどうかは人それぞれの判断になります。
もちろん引っ越し業者が積極的に心付けを求めてくるのはあり得ません。
心付けの金額ですが、大抵は千円くらいで十分です。
金額が大きければ大きいほど作業員は嬉しくなりますが、逆に恐縮してしまう場合もあります。
もしお金を渡すことに疑問を感じるのであれば、飲み物や軽食という形で渡しても感謝の気持ちは伝わります。
心付けを渡すタイミングですが、作業前と作業後それぞれに効果があります。
作業前に渡すと、精神的に嬉しい気持ちになりより仕事に身が入るようになります。
もちろん業者はプロなので心付けがなくてもしっかりと仕事をしますが、人間の心理として心付けがあるのとないとではやる気も変わってきます。
作業後に渡すと、これまでの大変だった引っ越し作業が報われて嬉しい気持ちになります。
とても充実した精神状態で仕事を終えることができ、お互いに心地良く別れることができます。
強いて言うのであれば作業後に渡す方が好ましいです。最初に渡してしまうと、変なプレッシャーがのしかかってしまう可能性があるからです。
何はともあれ、心付けはお互いが気持ち良くなれます。

参照:http://www.chinafurnituremarket.biz/

引っ越した人は同じマンションの人に挨拶しているのか

次に住む事になった家で、挨拶なんかしなくても良いだろう。
皆はどうしているのか、気になったので、ネットで調べてみました。
一人暮らしの人が多い所は、引っ越しても同じマンションの人に半数以上が挨拶しないみたいです。
とあるサイトで見た情報だと、不動産会社から挨拶の必要なしと、言われるケースもある様です。
一人暮らしじゃない場合や、引っ越し先がマンションじゃなくて一軒家の場合、しっかりと挨拶をしているみたいですね。
自分は一人暮らしなので、引っ越しするマンションも学生や一人暮らしの人が多そうです。
ですから、辞めておこうと思います。
引っ越しても、挨拶をしないのが当たり前になってきている時代ですからね。
間借りの気持ちで、賃貸契約していますから、すぐに出ていく予定です。
そこまで深い付き合いも、何度も顔を合わせる事も無いでしょう。
面倒ですし、両隣と上下階に持っていくお金も勿体無いです。
不在だったら何度か訪問しなければなりませんからね。
ほとんどの人がしていないなら、無理にする必要もないという結論に至りました。
ササッと荷物移動してもらって、ちょっとしたら、また家を変わります。

引っ越しの単身パック

高校生になったころ、お父さんが単身赴任になり、地元から離れた東京に住むことになった。
前々から異動があるかもしれない、断れないといっていたのだが、ついにこの日がきてしまったようだ。
何よりお母さんが一番さみしそうだったが、2年で必ず帰ってこれるということで、月に一回は遊びにいくことにして、楽しいことを考えながら過ごそうと話し合いをした。
社宅に住むので、家探しはしなくていいが、荷物を送るために引っ越し業者にお願いしないといけないので、一番少量で安いパックはないかと質問すると、単身パックというのがあるらしく、値段も安かった。
必要最低限の荷物しかもっていかないといっていたのお父さん。
あまり、荷物がたくさんの部屋にいるのが好きではないので、お父さんの書斎はすっきりしている。
私も見習ってきれいにさせようとおもった。
引っ越し業者も選び、あとは引っ越す日をまつだけとなった。
引っ越し当日、単身パックのカゴにお父さんの荷物がつめられていく。
なんともいえない気持ちになったが、お父さんは知らない地で一人頑張るのだから、私が辛いなんていえないと思い、涙をぐっとこらえた。

急な引っ越しもお得に

会社の転勤って、とても短期間で言い渡されますよね。
うちの主人なんかもそうです。
転勤族ではありますが、本人に連絡が来るのは2週間前です。
でも、ギリギリまで今の仕事が忙しいので、うちの主人はよく引っ越しの段取りができていないことが多いです。
最悪の場合、今の部屋の引き払いは私が手伝えば良いのですが、問題は早く向こうに行かないといけないということです。
以前にもありましたが、引っ越しを急ぎでする場合、業者へ申し込むのを忘れていたりするんですよね。
引っ越し先は、会社が用意してくれているのですが、荷物を送らないわけには向こうに住めませんものね。
急がないといけないため、主人は近くの引越センターに直接申し込もうと考えたようですが、いえいえ、そんなバカな!
これまでの経験上、一括見積もりを取って安くするという手段を取らないと、本当に高い金額を支払わなければいけません。
正直、引っ越しなんて、終えてしまえば、何も残りません。
高額であろうと定額であろうと、荷物の移動だけの事。
こちらが、ネットで引っ越しの見積もりを申し込んだら、たとえ夜中でも数分後には必ず電話がかかってくるんですよね。
むこうは多分、本当に24時間体制で見張っているのかなと思いますが、とりあえず無料の一括見積もりで比較することで、最初の料金のほぼ半額近くまで安くなります。
それを知ってて使わないのはもったいない!
たとえすぐに引っ越しをしないといけない場合でも、簡単に値段が下がりますもの。
だから、決してあきらめずに料金の交渉します。
主人の引っ越しは、明日業者さんが来てくれます。

大手引っ越し業者と地域密着型中小の比較

引っ越し業者を選ぶ際、名前を聞いたことがある大手の会社だと、何となく安心感はあります。
では、地域密着型の業者ってどうなんでしょう?
地域密着型の業者ってどんな会社があるのかなかなか分からないですが、もしも料金が安かったり、サービスが良いのであれば、検討してみたいですよね。
料金で比較すると、地域密着型の中小の方が安いことが多いです。
大手は宣伝広告費などにコストをかけています。
中小ではそれがないため、引っ越し費用に還元できる場合が多い、というわけです。
費用は高いですが、大手はプランやサービスが充実している傾向にありますね。
中小の場合、あまりに大きな荷物や高価なものの運搬は対応できない場合もあります。
そういった荷物がある場合には、大手の方がいいかもしれません。
また、遠方への引っ越しは、全国に拠点のある大手の方が良いでしょう。
逆に、近距離の引っ越しで、ただ荷物の運送をしてもらえればいい場合には、中小の方がお得に引っ越しできる可能性があります。
地域密着型であるだけに、地域の事情にも精通しているでしょう。
比較してみると、こんなところでしょうか。
自分の引っ越し内容に合わせて検討してみて下さい。

一斉引越し見積もりをしてもらう気になりません

今まで一斉引越し見積もりというのをしてもらったことがありません。
ここ、と1社決めて、そこと値段交渉をするのがほとんどです。
そうするとなかなか値段が下がらないと聞きます。
しかし、一斉に見積もりをしてもらう気にならないのです。
というのが、一度車の一斉見積もりをしてもらってから。
そのときに3社から電話がかかってきて、見積もりをしてもらったのだけど、そのための時間を作ったり、後で断りの電話をするのが結構大変でした。
3社だったからいいけど、引越しの場合、もっとたくさんの業者から電話がかかってくるといいます。
電話の時点で何社かにしぼればいいのだけど、それも大変な感じがするし。
なので、どうしても一斉見積もりをする気にならないのです。
それに自分たちでこれくらいかな、という値段があって、その範囲におさまるのだったら、それでいいかな、と思っているところもあるし。
でも一斉見積もりしないと、かなり損している、と言う話もよく聞くんですよね。
そうすると自分たちでこれくらい、と思っている値段は、とっても払いすぎという可能性もあったりして。
そうなると、ちょっと損してるのかな、と思ってしまったりもするんです。

引越し代金貯金

何年か後に、お付き合いしている人と結婚すると言うことで職場の若い女の子が引越し代金貯金を始めたとうれしそうに話してくれました。
なんだか見てるこちらまでもが、幸せな気分になってきます。
若いと言うのは本当に幸せなことだなぁと思ってしまいました。
お金を貯めると言う事さえも楽しくできてしまうということですからね。
貯金なんて言うと、なんだか楽しいという感覚は少ないような気がします。
それを楽しんでできると言うのは、その向こうに幸せが待っているからでしょうね。
引越し代金のお金がたまったら、結婚して2人で一緒に住むと言うことだと思います。
そんな時にあれは、頑張って少しでも多くお金を残していこうという気になりますからね。だりで頑張って一緒に貯めれば、貯金をするスピードなって絶対に早くなると思います。しかしその際に絶対に気をつけておいた方が良いのが、貯蓄をするときはそれぞれが自分の名義で貯金をしておくということです。
世の中何が起こるかわかりません。
今はそのつもりで引越し代金の貯金をしていても、お互いに違う人を好きになるという可能性もゼロではないですからね。
そんな時にお金のことで揉めることがないようにするためにも、自分が貯金をする分は自分名義でしておくと言うことだと思います。